ソーシャルカフェ「SIDE BEACH COFFEE.」 を関内の泰生ポーチにて開催しました

SIDE BEACH COFFEE.

NPO法人化前から実施していた、地域イノベーター会議に続く新たなSBC.主催の交流イベントです。

一日限定.ポップアップソーシャルカフェ SBCoffee.を実施しました


フェア・コーヒー豆

開催は下記協力団体により実現できました。

みなさまご協力本当にありがとうございました。

そして午前中は雪!という天候の中、午後にはなんとか雨に変わったものの足元の悪い中、来て下さった参加者の皆さま、誠にありがとうございました。

本格的なコーヒーはフェア・コーヒーで

フェア・コーヒーLT風景

SBCoffee.= SIDE BEACH COFFEE、つまり横浜コーヒー。コーヒーのブランドではなく、コミュニティの場のブランドとして今後は定着化して行きたいと考えています。SBCoffee.=STARBUCKS COFFEEではありません。念のため。

そんなSIDE BEACH COFFEEの、今回の「コーヒー」は、フェア・コーヒーさまにお願いしました。
途上国の生産者から適正な価格(フェアトレード)で仕入れた豆を、福祉(ウェルフェア)作業所で働く障がい者のスタッフが淹れるコーヒーです。
当日は障がい者のスタッフが焙煎してくれたコーヒーを販売しまし、カフェの発起人である関辰規さまによるコーヒーをふるまっていただきました。この機会にぜひともフェア・コーヒーの活動にも興味を持ってくれればと思います。

ソーシャルカフェってなに?

体に良さそうなフード

ソーシャルカフェとは、基本はSNSを通じて知り合った方々のオフ会のようなものです。
SIDE BEACH COFFEE.ではもう少し進化させて、ゆる〜くコーヒーでも飲みながら、お話してもよし、交流してもよし、もくもくしても良し、ただコーヒー飲みに来ただけでも良しといった場所づくりを目指しました。

天気が良ければ路面スペースという立地を活かし「前を通りかかる人」、にも積極的に営業しようと考えていました。ふらっと入って来た全く知らない人とSBC.が交流すると、新たな何かが起きると期待していましたが、あいにくの雨と祝日の関内ということもあり、そちらはなかなか実現できず、次回へ持ち越しとなりました。

巷ではコミュニティカフェという、地域の方が交流するカフェが、市民活動を活性化させる上で重要な役割を果たす場所として取り上げられています。

サードプレイス、フォースプレイス、フィフスプレイス(第3の場所、第4の場所、第5の場所)といった「様々な場所」に属することが、これからの多様性の時代に生きる人のプラスの場になってくると考えています。

様々な方がそれぞれLTを賑やかに展開

CMS LT風景

話題はCMS(ホームページを管理するWEBソフト)から、キャラクターUI、仮想通貨を利用した地域通貨活用、オープンデータを活用したサクサクハッカソンまでバラエティに富んでいました。
自分達の活動や、自分のイチオシをプレゼンしてもよし。

本格的なデザート

意外と本格的なデザートや食べ物の提供もあり。

アロマハンドマッサージも

癒しのアロマハンドマッサージ!もあり。

サクサクハッカソン

そしてオープンデータを利用したサクサクハッカソンまで。

この多様なLTとごった煮感、チャンポン感が創造性を刺激します。この「創造性をアップさせる場所」というのは、現場の空気を体感しないと分かりません。ぜひ次回お越しください。

ところで地域仮想通貨、SIDE BEACH COIN.とは?

SBCoin. LT

SBC.は地域活性化のために常に新しい技術、特にITの利活用を推進しています。ブロックチェーン技術を用いた暗号通貨が世間を騒がしていますが、今まで様々な地方がチャレンジして来た地域通貨への活用が少しづつ脚光を浴びています。

「横浜の仮想通貨があったら面白い」そんなアイディアから、SBCoion.は始まりました。もちろん、厳密な暗号通貨として発行するには、非常にハードルが高いため、まずはローテクを使って実験的に始めようということから今回のカフェに導入してみました。

もちろん、SBC.のポイント?程度の機能しか持っていませんが、先駆けて実行するというのが重要だと考えています。
地域の価値を仮想通貨が高める未来もそう遠くないかもしれません。

SIDE BEACH COFFEE.の今後の展開

かなり本格的なカフェに

悪天のため早仕舞いも考えていましたが、結局時間いっぱいまで開催しました。最後はカフェバー状態です。
参加者は約30名近くになり、天気が良ければもう少し客足も伸びたのではないかと思います。

関内のこのような場所「泰生ポーチ」も、もちろん最高のロケーションですが、今後は場所を変えての実施なども検討しています。

ただ単に仕事しにくるのもOK、打ち合わせに利用してもらうのもOK。まさにカフェとしての利用もOK。
何かが少しでも繋がる場所になれば良いと思っています。

普段使われていない、空いているスペースをSIDE BEACH COFFEE.でカフェ化したりするのも面白いかもしれません。
ぜひ、お問い合わせください。
引き続き、SIDE BEACH COFFEE.をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは? * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.